グルタミンはタンパク質を構成する「L-アミノ酸」の中の一つで、「非必須アミノ酸」に分類されます。

「非必須アミノ酸」とは、アミノ酸の中でも体内で生成可能なアミノ酸のことであり、反対に体内で十分に生成できないものは「必須アミノ酸」といわれ、栄養分として体外から摂取しなければならないものです。カラダを作るアミノ酸は20種類あり、「非必須アミノ酸」は、実に11種類存在します。そして人の体にあるこの非必須アミノ酸のうち、実に半分以上がグルタミンというアミノ酸です。

このことから、「体内で生成できるのなら、特段摂取する必要はないのでは?」と思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、グルタミンは「非必須アミノ酸」の中でも「準必須アミノ酸」という「体内での生成が間に合わないときは体外から摂取する必要がある」という意味のアミノ酸にも分類されます。

これは主に運動などでカラダに大きな負荷が掛かっている時やストレスが過度に掛かっている時などには、不足しがちな成分になるためなのです。

特に運動をする方にとって、次に開設するグルタミンのはたす役割はとても重要なので、不足は落とし穴になりがちなのです。

強いストレスが与えられると、身体はそれに対抗するためのエネルギーを必要とします。このとき、筋肉が分解されてアミノ酸を取り出し、エネルギーの材料とされてしまうことがあるのです。

特に材料として使われるアミノ酸は、アラニンとグルタミン。どちらも本来は非必須アミノ酸であり、体内で合成可能です。しかしアラニンは体内に豊富に存在するのですが、グルタミンは不足しやすい。

ストレスがあったときは、グルタミンの必要量が急増。しかし体内で合成するだけでは間に合わなくなってしまうのです。そのためグルタミンは「条件下必須アミノ酸」とされています。ストレスが存在しているとき、グルタミンは必須アミノ酸となります。

つまり常にハードにトレーニングしているトレーニーにとって、グルタミンは必須アミノ酸だとみなすことができるでしょう。

好中球やマクロファージ、リンパ球などの免疫細胞は、「グルタミン」をエネルギーとして使っています。またグルタミンの濃度が高いほど、リンパ球の増殖も起こりやすくなります。 グルタミンを摂取することで免疫レベルが高まり、風邪を引きにくくなったり、ケガからの回復を早めたりすることが可能となる。

たんぱく質の合成を高めるためには、通常はインスリンが必要とされています。しかしラットの実験ではインスリンが存在しない条件においてグルタミンを摂取させたところ、たんぱく合成が66%も増加しているという研究データも。

グルタミンを経口摂取することで成長ホルモンの分泌が高まったとする報告があります。

成長ホルモンには筋たんぱく質合成だけでなく、体脂肪の燃焼を促したり、コラーゲンの合成を高めたりする作用もあるため、余計な体脂肪を削ぎ落としたり、ケガを防いだりする効果が期待できるでしょう。

トレーニング後は迅速なグリコーゲンの回復が求められる。他のアミノ酸を与えた群と比べ、グルタミンを与えた群はエクササイズ2時間後の筋グリコーゲン量が顕著に高かった。血糖値に変化はなかったため、これはグルタミンの炭素骨格がグリコーゲン合成に使われたものと思われる。

またグルタミンはもともと胃潰瘍の薬としても使われていた。胃の調子が悪い場合、グルタミンを飲むことで改善される可能性があります。

ミトコンドリアで電子が受け渡しされるうちに、ATPが合成される。このときの反応にはトレーニング後の回復を促すため、グルタミンはトレーニング直後に飲むのがベスト。ただし少量だと小腸のエネルギーとして使われてしまうため、最低でも一度に5gは飲むようにしよう。

 

L-GLUTAMINE

パウダータイプ

数量 500g

L-GLUTAMINE

タブレットタイプ

数量 250錠