運動後は激しく活動した筋肉が栄養補給と回復を行うので、カラダへ栄養補給ができる絶好のタイミング。特に運動後30分以内は筋肉へ送られるアミノ酸が3倍にまで上昇。

特に激しい筋力トレーニングをした後は、筋肉が大きく収縮する事で分解が進みます。この時にカラダにとって必要な栄養素が足りていないと、筋肉が減ってしまうこともあるので注意しましょう。

逆に、運動直後にプロテインをしっかり摂取することで筋力アップに繋がることができます。

運動後に摂取するプロテインは、吸収の早い”ホエイプロテイン”と”糖質”を同時に摂取する事をおすすめします。炭水化物を同時に摂取し、即効性の高いエネルギーを補給するとさらに効果的。

 

人は眠っている間にも成長ホルモンを分泌し続けています。成長ホルモンとは筋肉の成長を助けるもので、トレーニングとの関係は切ってもきれません。

そして、就寝前にプロテインを摂取すると成長ホルモンの働きを促してくれるメリットがあります。

ダイエットをしたいからといって空腹のまま眠りについてしまうと、成長ホルモンの分泌が上手く行かずに傷ついた筋肉を十分に修復できない可能性もあるのです。

ただし、寝る直前に摂取すると胃へ負担がかかることもありますので、少なくとも就寝する30分~1時間前には摂取するように心がけましょう。

就寝前に摂取するプロテインは、寝る前にタンパク質をゆっくりと補給してくれる”カゼイン”や”ソイプロテイン”がおすすめです。

朝目覚めた時、人間のカラダは水分や栄養など、全般的に不足している状態。何も口にしないでじっとしている睡眠中は想像以上に長いものです。

例え就寝前にプロテインを摂取していたとしてもその効果時間は切れてしまい、カラダが新たなタンパク質を欲していると言えますので、ぜひプロテインを摂取してカラダへタンパク質を補給してあげましょう。

朝食時には”ホエイプロテイン”や”カゼイン”がおすすめです。

 

プロテイン=タンパク質であり、食事から摂取できる栄養素と同じものです。例えば、タンパク質が多く含まれてる肉・魚・豆腐から摂ることと、プロテインを摂取することは同じです。

しかし、注意しなければいけないのは、プロテインには微量の栄養素は含まれるものの、必要なその他の栄養素を摂取することはできないということです。決して食事の代わりにプロテインを代用することはやめましょう。

プロテインの悩みで多いのが、お腹がゴロゴロする・消化不良などで下痢を起こしてしまう。しかし、人によっては起きなかったり人それぞれお腹の反応は違います。

原因は乳糖不耐性というもので、牛乳などの含まれている乳糖を摂取する事でお腹がゴロゴロしてしまう・消化不良で下痢を起こしてしまうという症状が出ます。

これは日本人に多く見られるのですが、解決方法はいくつかあります。

・WPIのホエイプロテインに変える

・ラクターゼエンザイムというラクターゼを多く摂取するサプリメントを摂取する

・牛乳の温度を上げて温めて飲む

・ソイプロテインに変える

・牛乳で飲むのではなく、水で飲む

これらを考慮して乳糖不耐性の方は乳糖含有量が少ないものを選ぶなどして、自分に合うプロテイン摂取方法でトレーニングの効率を上げましょう。

 

プロテインはこまめに摂取する事でトレーニング効果を最大限に引き出します。

摂取する量は毎回規定の分量ではお腹が苦しくなったりしてしまうので、朝はいつもの1/2量、トレーニング後は通常の量、就寝前は1/2量など自分にあった分量で上手に活用しましょう。