体重を減らすには、消費カロリーが摂取カロリーを上回らなければなりません。

体重を1kg減らすには、7200kcalを消費しなければいけないと言われております。毎月3kg(21,600kcal)を目標に落とすのであれば、1日あたり720kcal消費しなければ、痩せることが出来ない計算になります。

まずは1日の食事内容を記録して、客観的に分析してみよう。無意識にカロリーを摂りすぎていたり、栄養バランスが偏っている事に気づけるはず。

例えば、昼食にラーメンと半チャーハンのセットを頼んでいたとすると、カロリーは1,000kcalオーバーになり、1食分としては炭水化物と塩分が過剰摂取されていることに気がつきます。食事内容を記録することで、摂取カロリーを抑える、栄養バランスを取るという心がけができるでしょう。

また、食べ方を工夫することで、満足しやすくなります。例えばよく咀嚼することは満腹中枢を刺激して、食欲を抑えてくれるでしょう。また、食べる順番を野菜や海藻類などの食物繊維から食べ→タンパク質→炭水化物の順番にすれば、余ったブドウ糖を体脂肪に変えるインスリンの分泌も抑えられます。

運動には無酸素運動と有酸素運動の2種類があります。有酸素運動は酸素を使って脂肪や糖質をエネルギーに変える運動で、水泳やランニングなどです。無酸素運動は主に筋肉が糖質を消費してエネルギーを生み出す運動で、筋力トレーニングがこれに該当します。

ダイエットを目的とするなら、両者を組み合わせることが効果的。先に無酸素運動を行って、脂肪燃焼を促してから有酸素運動をすると良いでしょう。無酸素運動は、ややきついと感じるくらいが理想。有酸素運動は、20分以上続けると脂肪の方を多く消費するようになります。

運動後には必ずケアを忘れずに。ストレッチや湯船に浸かるなどをすれば血行がよくなり回復も早まります。プロテインの摂取やサプリメントの摂取によるケアも効果的。

自分ひとりでのダイエットが行き詰まりそうでしたら、専門家の手を借りてみましょう。トレーナーが運動から食事の内容に至るまでマンツーマンで指導します。

ダイエットで確実に痩せるためには、消費カロリーが摂取カロリーを上回るように、食事制限や運動をするのがオススメです。月に減らせる体重の目標値は、現在の体重の5%以内を目安にするのがいいでしょう。